辿りつくまで vol.2

ちょっと間があいたけど、つづき。

 

 

 

——
きっかけは、自分の体の不調だった。

 

 

 

働き始めてから婦人科系の症状が思わしくなく、

 

月の半分くらいがずっと調子悪いみたいな状態だった。

 

 

 

どうにかしたいなあと思い
先輩に勧められた病院にいき
その時になんとなしに検診も受けた。

 

 

 

 

そこで発覚した思いがけない結果。

 

 

 

 

わかりやすいくらいショックを受けて
めちゃくちゃネットで調べて

 

 

 

結局、特効薬はないから自分で治す(免疫力を上げる)しかないという結論に達した。

 

 

 

 

免疫力あげるってなんだーーーーと叫びながら調べるといろいろ出てきて

 

 

 

 

あんなお水がいいとか
こんな食べ物がいいとか
このサプリメントは効くとか

 

 

 

わんさか出てきたんだけど、

 

 

 

 

とりあえずやってみようと思ったのが、ヨガだった。

 

 

——

 

そのときは大好きな街に引っ越したばかりだった。

 

 

 

実はその街で目をつけていたヨガスタジオがあって

 

 

満を持して通いだした。

 

 

 

初めてそのスタジオで受けたヨガの衝撃がいまだに残っている。

 

 

 

そこで受けたヨガこそ、今わたしが目指すスタイルのもの。

 

 

 

そのとき、ヨガのイメージが覆ったのはいうまでもなく。

 

 

 

「わたし、こんなにリラックスしてもいいんだ…」と思いながら、同時になぜかすごくワクワクしていた自分がいた。

 

 

 

もう自分の不調を治したいとか、そういうものがどうでもよくなっていった。

 

 

——
人間、どんなときに衝撃的な出会いをするかは本当にわからない。

 

 

 

わたしだって、そのスタジオで初めて受けたときはまだ自分がこんな風に教えようとしているなんて思ってもいなかったし。

 

 

 

このときにこんな出会い方をしなければ、そもそもヨガを続けていなかったかもしれない。

 

 

 

同じヨガといっても、

 

 

 

違うスタジオで受けていたらこんな風に思わなかったかもしれない。

 

 

 

きっかけってこんな感じなんだと思う。

 

 

 

——
たまたまわたしはヨガがすっぽりはまった。

 

病気を治すとかそういうのとか

 

 

正直どうでもいい。

 

 

 

本当に、ただ好きなだけ。

 

 

 

 

だから感覚としては

 

 

 

「これわたしめっちゃ好きなのーーーーーーーーー!!!(その人の肩つかんでガクガク)」

 

 

 

って興味を持ってくれた人に「好きさ具合」をひたすらしゃべりまくってる感じ(迷惑)。

 

 

 

 

そんな感じでやってます。

 

 

 

 

つたわるかなあ?笑

 

 

 

 

やっとスタートラインに辿り着いたかなって。

 

 

 

ヨガの道、まだまだ始まったばかりです。