むわーーーーーっと感について

 

 

あいかわらず、どうでもいいお話。

 

 

 

——
たまたま先日、雑貨屋でスチャダラパーが載ってる雑誌を立ち読みした。

 

 

 

その後から、無性にこれが聴きたくなって

今夜はブギーバッグ

 

 

 

 

脳内スピーカーがエンドレスでかかりっぱなしだ。
——

バンドやっているわりに

 
音楽やバンドに関する知識はかなりいい加減だ。

 

 
コード書けないし。
耳コピできないし。
えふぇくたー?なにそれ?とか。
げいん?みどる?あ、ボリュームくらいはわかるよ(えへん)みたいな。

 
でもこういう、

 

 

 

むわーーーーーっと興奮するような曲を聴くと、

 

 

 

 

音楽やりたいーーーー!ってなる。

 

 
あ、ラップとかターンテーブルをいじりたいとかじゃなくて。

 

 

歌と、歌詞と、リズムと、メロディーと、
それぞれが影響しあって一つの曲を作っていて、
どの要素も必要で、
どれかだけが飛びぬけて目立ちすぎてるわけでなくて
全部で一つのものを作っているっていう、

 

 

 

 

なんていうのかな、

 

 

 

 

 

うん、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんていうんだろう(わからんのかい)。

 

 

 

(まとまらず)

(なかったことにして)

 

 

 

——

 

なんかもう、そういうよくわかんない衝動でバンドやってるから、
正直人様の前に出れるようなバンドじゃないの。笑
でもこういう、

 
無性にむわーーーーっとする曲を聴いて、

 
あ、別に「やりたかったから」って理由でやってるからいっか、
みたいに納得する自分もいるのも事実。
——

 

すべての物事に、
始めるためのきれいな理由なんていらないと思う。

 
わたしの場合はこの

 

 

 

むわーーーーーとした気持ちが理由だし。

 

 

 

むわーーーーーってなに?!伝わりにくいよ?!みたいな感じだし。笑

 
ダンスしなくなって、
代わりにむわーーーーーってしたのがバンドだったってだけだし。

 
でもむわーーーーーっ感、けっこうあなどれないと思うのだ。

 
ということで今日もこれ聴いて、むわーーーーーっとしながら、明日の予定を考えようと思う。