そう見られてるのか

別にブログに書く内容でもないんだけど

 

 

 

 

 

 

 

なんか時間できたし最近言われる頻度がめちゃくちゃ高くなってるから書いてみます。

 

 

 

 

 

——

ここ最近

 

 

 

 

 

 

もうほぼ毎週です。

 

 

 

 

 

 

いや、正直今に始まったことではないです。

 

 

 

 

 

とある人に似てると言われます。

 

 

 

 

 

 

最近わたし、髪が伸びたのでさらに。

 

 

 

 

 

ええ。

 

 

 

 

 

お察しください。

image

某超有名歌手

 

——

 

そう、最初にも書いたんですが、今に始まったことじゃなくて。

 

 

 

 

 

もうここ5〜6年でしょうか。

 

 

 

ずっとです。笑

 

 

 

身内はおろか

 

 

 

 

 

たまに道端の見知らぬ人に「似てますよね?!」と言われることすらあります(あなたは誰)

 

 

 

 

なんかもう

 

 

 

 

 

ご本人に申し訳ない(꒦ິ⌑꒦ີ)土下座(꒦ິ⌑꒦ີ)

 

 

 

もはやバチが当たっても何も言えない

 

 

 

わたし自身、歌うことが好きだし、バンドでなんちゃってで歌ってたりするから、もうほんと、光栄どころか(꒦ິ⌑꒦ີ)土下座ですまじで(꒦ິ⌑꒦ີ)

 

 

 

 

どうしよう(꒦ິ⌑꒦ີ)笑

——

 

自分の中の自分イメージと他人の中の自分イメージはだいたい違う。

 

いつもそれにハッとさせられる。

 

 

 

 

 

人に言われてからはじめて、ああ、自分ってこんな人間なんだって気づくことがたくさんある。

 

 

 

 

 

自分にショートヘアは似合わないと思い込んでいたけど、してみたらむしろ評判がよかったとか

 

 

「自分のものさし」のみで考えていたことと違う角度からの言葉に、ハッとすることがたくさんある。

 

 

 

 

 

 

その時に、ある種新しいわたしに突然出会ったりする。

 

 

 

 

 

新しいわたし、デビュー的な。(ちょっと言いたかった。古いとか言わないで)

 

 

 

 

 

 

気づくと自分で自分に限界作ってて、わたしこんな人間だしなあってしてしまうけど、他人からみるとまだまだ意外と進化できる伸びしろが残ってたりするもんなんだなあって。

 

 

——-

 

 

 

だいぶ話がそれた。

 

 

 

 

 

 

そもそもなんでこんな特に誰も得しないようなこと書こうと思ったかって(ま、ブログ全体特に誰も得しないことしか書いてないんだけど)

 

 

 

 

よく申し訳なさそうに、「気分悪くしたらごめんなさい!でも堪えきれずにいいます!似てますよね!?」って言ってくださる人がいて。

 

 

 

 

 

いやいや、それでわたしのこと覚えててもらえるならむしろ本望です!と言いたかったから。笑

 

 

 

 

 

印象に残ってくれれば、それだけで嬉しい。笑

 

 

 

 

 

一体何歳まで言われ続けるのか、わたし。笑

 

 

 

 

 

image

そんなに似てるかなぁ