思考オタク〜こじらせマリエンヌ①〜

 

 

 

思考オタクの

 

 

とある事例の分析ブログ。

 

 

 

 

マリエンヌのこじらせ恋愛編。

 

 

 

 

 

——

 

 

 

 

 

恋愛の話を”聞く”のはすんごい好きだけど

 

自分のソレを話すのは死ぬほど苦手だ。

 

 

 

 

 

 

 

だからいつも基本聞き役。

 

 

 

 

 

 

 

 

夢とか仕事とかに関しては

自信持って人に話せるんだけど

 

 

 

 

 

 

 

恋愛に関しては

わたしの中の”何か”が口を閉ざさせた。

 

 

 

 

 

 

——

 

 

 

 

自分の中に

 

”わたしはこうあるべき”っていう像を作り上げすぎていて

 

 

 

 

 

 

 

 

たった一言

 

 

 

 

 

 

 

“彼氏が欲しい!!!”

 

 

 

 

 

 

ということがものすごく大変だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

“強い女性になりたい”

 

“女っぽいところを見せると馬鹿にされるんじゃないか”

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無意識にそんなことを考えていて

めっちゃ女っぽい(○ンヘラな)ところを

グッと中に押し込んでいた。

 

 

 

 

 

 

 

 

“(いなくても)生活充実してるしなあ”

 

と濁すことも多かった(嘘ではない)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもそうやってすこーしずつ

本気で欲しいって思ってた気持ちを

自分で濁らせて。

 

 

 

 

 

 

 

さらに自分に暗示をかけるように

 

 

 

 

 

 

だってさー

最近て

一人で女性も暮らしていけるし

そういう人増えてるし

受け入れ始められてるし

そういう人生選んでる人もたくさんいるし

 

 

 

 

 

って

 

 

 

 

 

 

輪をかけて本音を濁らせて

敵前逃亡をしようとしていた。

 

 

 

 

 

どんどんドロドロとした感情がたまっていく。

 

 

 

 

 

これが

トロント暗黒期の終わり頃のお話。

 

 

その時期の英語での自信喪失もあいまって

いろいろ崩壊寸前だった。

 

 

——

 

 

 

 

さてここで突然ですが

わたしの長所(兼短所)を発表します。

 

 

 

 

 

 

“ごまかせない”

 

 

 

 

 

 

 

自分にとって不快な出来事・感情があると

めっちゃ体調に出る(例:お腹壊す)(繊細か)

 

 

 

 

 

 

なので

 

 

 

 

 

ずっとなんとかごまかそうとしてたんだけど

 

 

 

 

 

あっという間に辛くなり。

 

 

 

 

 

 

だめだ、

ちゃんと自分のこと見なきゃって気づいて。

 

だからトロント暗黒期も抜けれたんだけどね。

 

 

 

 

 

 

こう、

 

 

 

 

そーーーーっと自分のこころのドアを開けてみると…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(どろどろ 注:何かがあふれ出てる)

 

 

 

一人で暮らす人が増えてるって言われるたび

安心よりは何かざわつきを感じて

マリエさんは一人でも大丈夫そうって言われるたび

あ、一人でも頑張らなきゃと謎の勘違いをして苦しくなり

彼氏が欲しいと素直に言える人に嫉妬し

 

 

 

(ゴゴゴゴゴ 注:何かがものすごい勢いで噴出してる)

 

 

 

 

自分は一生一人なんじゃないかっていう絶望感

 

 

世の中の

ひとりでもいいじゃないかっていう風潮に対する反発心

 

 

 

 

 

 

わたしだって

誰かを好きだといいたい

好きになってほしい

愛情をあげたいし

てか愛されたいわ!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

(どんがらがっしゃーん 注:何かが決壊)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(ヽ´ω`)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やべぇ完全にこじらせマリエンヌになってる…

 

 

 

 

 

 

いやおうなしに気づかされて

いよいよ何かに取り組まないといけないなとなったのです。

 

 

 

 

 

 

 

(まさかの次回に続く)