思考オタク〜こじらせマリエンヌ②〜

 

 

 

 

 

思考オタクの

とある事例の分析ブログ。

 

 

 

 

マリエンヌの恋愛編その2。

 

 

 

 

 

まさかの続きものです。

 

 

 

その①

 

——

 

 

 

 

心の大決壊が起こった時期は

 

トロント暗黒期終盤だったんで

 

 

 

 

 

 

 

 

今思うとすべてがすべて

なるべくしてなったのかって。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてこの時に

今後よく出てくるであろう

思考オタク仲間のゆかさんと出会うことになる。

 

 

 

 

 

——

 

 

 

 

 

自分分析により

相当こじらせてるな

すげー変な思い込みがあるな

 

 

 

 

 

 

 

っていうところまではわかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

ただやっぱり

 

わたしの恋愛の中に根を張ってる

 

○○=△△を崩すのは容易じゃなくて

 

 

 

 

 

 

 

 

だからこそ過去に相当失敗しており

(別名:メンヘラリン・マリエンヌ)

 

 

 

 

 

 

今回こそは

それをどうにかしたいと思っていた。

 

 

 

 

 

 

ここからは

例の “はて??” を

もうこれでもかっていうくらいに多用して

 

 

 

 

 

自分の思考をひたすらひたすらほじくっていきます。

 

 

 

 

 

——

 

 

 

この時期に

ゆかさんに会ったのは必然だったんだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

ゆかさんと旦那ロッキーは

絵に描いたようなラブラブ夫婦で

常に二人で行動していて

愛情表現をいつでもし合っていて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(ぱりーん 注:わたしの中の何かが割れた音)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ああ

こうやって

堂々と愛情を見せてもいいんだって。

 

 

 

 

 

 

愛情見せる = 恥ずかしい

愛情見せる = いけないこと

愛情みせる = 人様に見せるべきものではないもの

(書いててもよく意味がわからない)

 

 

 

 

 

 

 

 

何故か禁止を出してたことにはて??を突きつけてくれて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして

 

 

 

 

 

 

“わたしもそうなりたい”って

心から思ったし

 

 

そう言ってもいいんだ!って

受け入れることができた。

少しずつ希望が生まれてきた。

(そして疼く分析癖)

 

 

 

 

 

 

 

 

そこからなぜか

ゆかさんロッキープレゼンツ

マリエンヌ女子度アップ大作戦(古)が決行され

 

 

 

 

 

 

 

服装をカナダ仕様(ちょいセクシー)にし

ちゃんとした下着を買い
(注:普段もちゃんと下着は着てる)

口紅買って使ってみたり

 

 

 

 

 

 

 

とにかく

自分が女性として楽しめそうなことを

ワクワクしそうなところから始めた。

 

 

 

 

 

 

 

 

相手探しより先に

”自分のために”時間を使った。

 

 

 

 

 

 

 

 

これまでの経験で

大決壊が起こった後に

”焦って”探すといいことないのは

痛いほどわかっていたので

 

 

 

 

 

 

 

まずは自分の足元から固めていった。

 

 

 

 

 

 

それと同時に

自分の中の頑固な思い込みも

本気だして対峙することに。

 

 

 

 

 

 

 

 

思考オタクの本領発揮していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・わたしは常に何か欠けてる。相手がいないわたしは欠陥人間だ。

 

愛情が欲しい。

誰かから埋めてもらえないとわたしは完璧ではない。

 

 

 

 

 

 

・愛されたいけど、その愛情が本物かわからないから相手を信用できない。

 

だったら一人でいた方がいいんじゃないか?傷つかないし。

 

 

 

 

 

 

・わたしを好きになってくれる人なんてこの世にいないんじゃないか。

 

 

 

 

 

 

 

 

徹底的に洗い出して

本当に毎週というか毎日

ゆかさんと思考オタクを発揮して

どうやったら=を違うものに変えれるかを

かなり深掘りしていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

結果

わたしの場合

 

 

 

 

 

欲しい!!

って言ってる割に

 

 

 

 

“相手を受け入れる覚悟ができてなかった”

 

 

 

 

っていうところに落ち着き。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どういうことかっていうと

 

 

 

 

 

 

 

◎わたしを心から好いてくれる人なんていない、相手を信じられない→

 

周りを信じれてない。

信じたら裏切られる可能性がある。

だから信じないほうが楽。

 

 

 

 

◎わたしは一人だと何か欠けてる・不完全である→

 

相手が好きというよりかは

相手を得ることによって

自分の存在意義を無理やり持たせようとしてる。

 

 

 

 

 

要は

 

 

自分に自信がない。

自分で自分の人生に責任持ててない。

傷つきたくない

守りに入っている状態。

 

 

 

 

 

——

 

 

恋愛だけじゃなくて

人間関係って

やっぱ傷つくこともたくさんあって。

 

 

 

でも

嫌だ!

傷つきたくない!

 

 

 

 

って、腹くくれてなかった。

 

 

 

そこからゆかさんと一緒に

ゆっくりゆっくり自分の考えを書き出して

 

 

 

 

 

時間かかったけど

最終的には

 

 

 

 

 

もう傷ついてもいいし

大失敗してもいいし

泣き喚いて

かっこ悪いところ

どろどろ出してもいいから

 

 

 

 

最終的に

その大失敗すら

笑って話せるように

 

 

 

 

どんな結果になっても

 

 

あっはっは

わたしの人生ってこんなんでさーー!!!

 

 

 

 

って笑いながら

大失敗話をすればいいかなと

 

 

 

 

 

全てを受け入れてみようと思った。

たぶん

これがわたしなりの覚悟。

 

 

 

 

 

 

ここに至るまで、

超 紆余曲折して

 

 

 

 

 

 

 

どうしてこうやって

腹落ちさせることができたのか

正直なかなか説明しづらいんだけど

 

 

 

 

 

ただひたすら

毎日毎日

自分の思い込みを取り出して

こねくり回して

 

 

 

 

どうやったら

わたし

納得できる?

 

 

 

 

 

 

 

 

を徹底的に自分に聞いてた。

 

 

 

 

 

 

 

あとゆかさんと二人でやってたのも大きかった。

 

 

 

 

 

 

ただの女子会トークで終わらせないで

(彼氏できないー!!的な)

 

 

 

 

 

 

マジで徹底的に”貪欲”に

解決策を探し求めてた。

 

 

 

 

 

 

そしたら本当に帰国直前。

 

 

そして

 

 

この”覚悟”を決めた

おそらく2日後とか。

 

 

 

 

 

ひょいと出会って

あれよあれよという間に

めっちゃ仲のいい彼氏が出来ました。
(ちなみにロッキーがキューピッド)

 

 

 

 

 

 

 

 

——

 

 

 

思考オタクの

とある事例の分析結果

 

 

 

いかがでしょ。

 

 

 

 

メンヘラリンマリエンヌ

赤裸々に書いてみたんですが

 

 

 

 

共感できる部分が

ほんのちょっとでもあったんじゃないかなーって。

 

 

 

 

 

 

簡単にまとめると

 

 

 

「彼氏ほしいのに強がって言えなくてこじれてましたがやっと出来ました」

 

 

 

 

ってのを

 

 

 

こねくり回して

 

ブログを2回にも分けて笑

 

ただただめっちゃ細かく分析しただけで。

 

 

 

 

——

 

 

 

わたしは自分が体験したことしか書けない。

 

 

 

 

 

 

でも自分が体験して実感したことなので

割と自信持っている。

 

 

 

 

思考オタクどうですか?

面白くないですか?

 

 

 

 

 

そうでもないですよね(弱気)

 

 

 

 

 

それでも勝手にシリーズ化して

どんどん書いていきますので

乞うご期待…!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ああー恋愛って難しい!(結局そこ)


思考オタク〜こじらせマリエンヌ①〜

 

 

 

思考オタクの

 

 

とある事例の分析ブログ。

 

 

 

 

マリエンヌのこじらせ恋愛編。

 

 

 

 

 

——

 

 

 

 

 

恋愛の話を”聞く”のはすんごい好きだけど

 

自分のソレを話すのは死ぬほど苦手だ。

 

 

 

 

 

 

 

だからいつも基本聞き役。

 

 

 

 

 

 

 

 

夢とか仕事とかに関しては

自信持って人に話せるんだけど

 

 

 

 

 

 

 

恋愛に関しては

わたしの中の”何か”が口を閉ざさせた。

 

 

 

 

 

 

——

 

 

 

 

自分の中に

 

”わたしはこうあるべき”っていう像を作り上げすぎていて

 

 

 

 

 

 

 

 

たった一言

 

 

 

 

 

 

 

“彼氏が欲しい!!!”

 

 

 

 

 

 

ということがものすごく大変だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

“強い女性になりたい”

 

“女っぽいところを見せると馬鹿にされるんじゃないか”

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無意識にそんなことを考えていて

めっちゃ女っぽい(○ンヘラな)ところを

グッと中に押し込んでいた。

 

 

 

 

 

 

 

 

“(いなくても)生活充実してるしなあ”

 

と濁すことも多かった(嘘ではない)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもそうやってすこーしずつ

本気で欲しいって思ってた気持ちを

自分で濁らせて。

 

 

 

 

 

 

 

さらに自分に暗示をかけるように

 

 

 

 

 

 

だってさー

最近て

一人で女性も暮らしていけるし

そういう人増えてるし

受け入れ始められてるし

そういう人生選んでる人もたくさんいるし

 

 

 

 

 

って

 

 

 

 

 

 

輪をかけて本音を濁らせて

敵前逃亡をしようとしていた。

 

 

 

 

 

どんどんドロドロとした感情がたまっていく。

 

 

 

 

 

これが

トロント暗黒期の終わり頃のお話。

 

 

その時期の英語での自信喪失もあいまって

いろいろ崩壊寸前だった。

 

 

——

 

 

 

 

さてここで突然ですが

わたしの長所(兼短所)を発表します。

 

 

 

 

 

 

“ごまかせない”

 

 

 

 

 

 

 

自分にとって不快な出来事・感情があると

めっちゃ体調に出る(例:お腹壊す)(繊細か)

 

 

 

 

 

 

なので

 

 

 

 

 

ずっとなんとかごまかそうとしてたんだけど

 

 

 

 

 

あっという間に辛くなり。

 

 

 

 

 

 

だめだ、

ちゃんと自分のこと見なきゃって気づいて。

 

だからトロント暗黒期も抜けれたんだけどね。

 

 

 

 

 

 

こう、

 

 

 

 

そーーーーっと自分のこころのドアを開けてみると…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(どろどろ 注:何かがあふれ出てる)

 

 

 

一人で暮らす人が増えてるって言われるたび

安心よりは何かざわつきを感じて

マリエさんは一人でも大丈夫そうって言われるたび

あ、一人でも頑張らなきゃと謎の勘違いをして苦しくなり

彼氏が欲しいと素直に言える人に嫉妬し

 

 

 

(ゴゴゴゴゴ 注:何かがものすごい勢いで噴出してる)

 

 

 

 

自分は一生一人なんじゃないかっていう絶望感

 

 

世の中の

ひとりでもいいじゃないかっていう風潮に対する反発心

 

 

 

 

 

 

わたしだって

誰かを好きだといいたい

好きになってほしい

愛情をあげたいし

てか愛されたいわ!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

(どんがらがっしゃーん 注:何かが決壊)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(ヽ´ω`)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やべぇ完全にこじらせマリエンヌになってる…

 

 

 

 

 

 

いやおうなしに気づかされて

いよいよ何かに取り組まないといけないなとなったのです。

 

 

 

 

 

 

 

(まさかの次回に続く)


思考オタク

 

 

昔から

 

 

異常なくらいにいつも何かを考えていた。

 

 

 

 

小学校時から

何か悟ってるでしょと言われ続け

 

 

 

本人的には

今日の夕飯何かなと同じレベルで

 

 

 

どうして自然破壊が起きるんだろうとか(重)

わたしたちは何故生まれ落ちたんだろうとか(重)

 

 

 

中二病すれすれ(いやギリアウト)で

常にものごとを

年齢らしからぬ異常な冷静さで考えていた。

 

 

——

 

 

 

トロントに行って伸びたスキルは

 

 

 

まさかの

 

 

 

 

この異常な思考オタク力のほうだった。

(さよなら英語)

 

 

 

——

 

 

 

 

 

 

おんなじ”思考”でも

 

 

 

 

 

迷路のように終わりなく

同じ思考を絶望的に繰り返すのと

(その前に、そうやって思考を繰り返してることすら気づいてないとか、そういう話もあるけどそれはまたいつか。)

 

 

 

 

 

どうしてわたしはこう思うの?

と、はて?を繰り返していく思考は

 

 

 

 

別物だと思っている。

 

 

 

 

 

 

思うのが

このはて?の仕方が

よくわからない人が多いのかな、

ということ。

 

 

 

 

 

だから迷路の思考が終わらず

 

途中でばーーーーーーんとはじけて

 

もういい!もうしらない!

どうでもいい!!

 

 

 

って、色々人生あきらめてしまう人が多いなあと。

 

 

 

 

 

——

 

 

 

誰かに○○といわれた。

 

 

 

超悲しい

絶対嫌われた

なんでそんなこと言うの

わたしなんて誰からもやさしくされないんだ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はて?

 

 

 

なしてわたしは

 

 

○○って言葉が

 

 

 

バルス(◯ピュタ)のように

 

 

自分の世界を一瞬にして消し去るような言葉だと思ってる?

 

 

 

 

ちょいまてちょいまて

 

 

 

わたしのなかで

○○=バルス(ラピュ◯)

って方程式が何故だかできてる

 

 

 

もしかしたら

その人が言葉足らずで

思いやりを持っていってくれたかもしれないのに

 

 

 

 

そうか。

わたしはそうやって

勝手に落ち込む気持ちを選んでるだけなんだな。

 

 

 

自分で

選んだ気分なんだ

 

 

 

 

——

 

もういっちょ。

 

 

 

わたしは特に才能もなく

とりあえず毎日

漠然と生きている

 

 

別に友達もいないわけではない

話す人もいる

今日明日死ぬわけではない

 

 

 

でも

何かしたいこともない

仕事もこれであってるかわからない

彼氏(彼女)もいない

 

 

 

 

怖い

何ももっていない自分が怖い

動いてないと怖い

 

 

そうだ新しいこと始めよう

続かない

やっぱだめだ

わたしはこうやって何にもできないんだ

わたしに居場所はないんだ

ううう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はて?

この漠然とした不安はどこからくるのだろう

 

 

 

何が”怖い”んだろう?

 

 

 

 

どうしてわたしは

何も持っていないことが

“怖い”んだろう?

 

 

 

 

本当に何ももってなかったとしても

 

 

それは

ただの

持ってないっていう事実だけ

 

 

 

なんで

“怖い”?

 

 

 

 

 

ああ

わかった

 

 

 

人から

こいつ何も才能ないんだな

つまらないやつ

って思われるのが

すごく嫌なんだ

怖いんだ。

 

 

 

あれ?

そんなこと言われたことあったかな?

 

 

 

 

 

ないわ。

勝手に思い込んでるだけだわ。

 

 

 

ああ

何もないことが

わたしの中で勝手に悪になってたわ。

 

 

 

——

 

 

ね?

 

 

 

HENTAIでしょ?(そこかい)

こんなことばっか考えてる。

 

 

 

でも

こんな気持ち

 

 

 

思いあたる人

 

 

 

ほんのちょっとでも

 

 

いるんでないでしょうか?

 

 

——

 

 

○○=バルス(ラピュ◯タ)

って

 

 

 

自動的に

反射的に

反応している人が多くて

 

 

 

まじでそうなの?

ってわたしは思う。

 

 

 

わたしにもある。

 

 

 

 

だからわたしは

 

 

○○=バルス(これが飛行石…!)

 

 

 

ってなった時に

 

 

 

はて?

 

 

 

を入れることにした。

 

 

 

 

わたし勝手に

1+1=2

って思ってるけど

まじでそうなの?

 

 

 

 

もしかしたら

4かもしれないし

田かもしれないし

(この辺はわかる人がわかればいい)

 

 

 

なして

 

 

勝手にわたしは

 

 

 

はいわたしの世界終了ーーー

さようならーーーー

 

 

 

って幕引きしようとしてるんだ?

って。

 

——

 

 

思考も

 

 

悪いものではないよ。

 

 

 

思考は止められない。

 

 

だったら

いい風に使えばいいだけ。

 

 

 

——-

 

 

いやー

意味不明なブログだったらすんません。

 

 

でも

なんかモヤモヤしてて

もっと楽しくいきたいって思う人の

少しでも助けになりたい。

 

 

 

 

わたしができることは

小さいけど。

 

 

 

 

 

ああ真面目。

 

 

 

 

 

最後に

真面目とのバランスとるため

 

 

 

 

ツイッターで見つけた

イケメン貼っときます。

 

 

まさかの…

 

 

 

 

では😎


トロント雑記〜英語はツール〜

 

 

 

わたしの人生に

 

英語がまさか出てくるなんて

 

いまだに信じられない。

 

8C30AB62-E2A9-454B-82F2-1F8C28F54F66

 

 

 

 

 

 

全く威張れる話ではないのだけれど

 

 

 

 

 

 

学生時代

 

100点満点のテストで

 

まさかの36点(まじでまさかだった)っていう

 

悲惨な点数を取ったりした英語。

 

 

 

 

 

 

某○HKの「英語であそ○」ですら

観ながら寝ていたわたしが英語。

 

 

 

 

 

 

まさかっすよ。

 

 

 

 

 

 

——

 

 

 

大学卒業間際まで

海外に一度も出たことはなくて

 

 

 

 

 

 

卒業旅行で初めて香港に行って

海外旅行にはまり(単純)

 

 

 

 

 

主にアジア圏ばかりだったけど

 

 

 

 

 

外に行けば行くほど

日本語以外も話せると

もっと輪が広がるんだろうなあとぼんやり思った。

 

 

 

 

 

 

 

ぼんやりしたそんな目的だったから

英語のプライベートレッスンとか受けてたりしたけど

なかなか自分の中の英語スイッチは入らなかった。

 

 

 

 

正直、それでも別に困ってなかった。

 

 

 

 

 

 

何度も書いているかもだけど

わたしのワーキングホリデーの目的は英語ではない。

 

 

(それはマジ)

(だから初めコミュニケーション取れなくて相当病んだのだす)

 

 

 

 

 

んなもんで

 

 

正直な話

今年に入ってから

やっと英語に興味がで始めた。

 

 

 

 

んにゃ

 

興味がなかったわけではないんだけど

 

 

 

 

 

ずっと ”しなきゃ”    の気持ちが強くって

 

 

 

 

 

”やりたい”    にならなかった。

 

 

 

 

 

 

 

何で”やりたい”に変わったのか…

 

 

はっきりとしたこれっていう理由を

今言うことはできないのだけれど

(感覚人間なもので)

 

 

 

 

強いて言うなら

”ガチで仲良くなりたい友人達に出会った”ことかなと。

 

 

 

 

”この人たちと上っ面じゃないコミュニケーションをとりたい”

”でもそのためには英語がまじ必須じゃん”

 

 

って言うのが

おそらく

わたしのモチベーションになったんじゃないかなと。

 

 

 

 

——

 

 

E4F4DA07-A0A5-4D9E-AAA9-A22550C5C337

 

 

 

 

んで

マリエンヌは色々考えた。

 

 

 

 

 

 

トロントで生活する中で

本当にいろんな人とあって

いろんな人の英語との向き合い方を見た。

 

 

 

 

 

英語に興味を持ち始めてから

持ち前の観察グセ(要はオタク気質)を発揮した。

 

 

 

 

 

 

んで

マリエンヌ的推測。

(かなり偏ってますからね)

 

 

 

 

 

すんごい乱暴に言うと

 

 

 

 

 

英語を”楽しんでる”人

 

 

英語に”人生なんとかしてもらおうとしてる”人

にざっくり分かれるかなと。

 

 

 

 

 

 

楽しんでる人は

言うまでもなく

 

 

 

 

自分で自分なりの学習方法を見つけて

英語を楽しみながら身につけてて。

 

 

 

 

でももう片方は

わたしがそうだったんだけど

 

 

 

 

英語を楽しむ、と言うよりは

英語さえあれば人生変わるかなと

英語をある意味で”神格化”してる人。

 

 

 

 

 

それでも全然構わないんだけど

これだと落とし穴にはまりやすい。

 

 

 

 

 

喋れない自分に対して自信を無くしてしまう。

 

 

 

 

 

これは、辛い。

辛かった。

 

 

 

 

 

 

結論。

 

 

 

英語はツール。

本当にただそれだけ。

 

 

 

 

 

何のツールか。

人とのコミュニケーションのためのツール。

以上。

 

 

 

 

 

それ以上でもそれ以下でもなかった。

 

 

 

 

 

 

 

楽しんでる人は

嬉々として

 

 

 

 

このツールの取扱説明書を読み込んで

使ってみて

間違って

んでまた使ってみて

を繰り返してるだけだった。

 

 

 

 

 

 

これが腑に落ちると

わたしにとって英語学習が

ものすごく楽しいものになった。

 

 

 

 

 

このツールが使えるようになれば

もっと色んな人と仲良くなれるかもなのね!!!

やばーーーーい!!!

 

 

 

 

 

 

みたいな。

(急にテンションMax)

 

 

 

 

 

 

——

 

 

 

英語をしゃべれようが

 

しゃべれなかろうが

 

その人の価値は何も変わらない

 

 

 

 

 

 

そこを取り間違えてしまうと

やっぱり辛くなる。

 

 

 

 

だから

 

 

 

ただのツールだって

 

 

 

わたしは口を酸っぱくして言いたい。

 

 

 

 

 

 

わたしはただ単純に

しゃべってみたい

使ってみたい

それを使って新しいことをしてみたい

って思っただけなんだなって。

 

 

 

——

 

 

 

ここまで書いたけど

残念ながらわたしの英語能力は

おそらくまだ小学生レベルで(悲)

 

 

 

 

でも

だからなのか

やっと本当に英語の勉強が楽しくなってきた。

 

 

 

 

もっと知りたい

の気持ちが出てきた。

 

 

 

 

日本に帰ってきてからも

ありがたいことに

英語に興味のある友人に囲まれている。

 

 

 

まあ

ここからどうなるかは

わたし次第かなと。

 

 

 

——

 

全てはやりようで

 

 

 

ヨガもツール

英語もツール

 

 

 

 

使い方次第で

楽しくもできるし

逆に自分を縛ってしまうことにもなる

 

 

 

 

トロント生活は

わたしにそのことを確信させるものだったかなと。

 

 

 

 

 

ああ

この英語っていうツールも

もっと磨いていきたい

そうすれば

ヨガに関しても

やれることが増えるような気がしてる。

 

 

 

 

 

 

もっと

わたしの中の枠をとっぱらっていきたい。

活動の範囲を広げたい。

 

 

8E00EE93-BC61-4685-806E-0CAE1E003DBB

 

 

 

 

 

 

そんなことを

ひっそりと願う

秋の夜のブログでした。

んではでは。


トロント雑記 ~好き、と、ちょっと酔いどれ~

 

 

自分はつくづく変態(おっと失礼)だなと思う。

 

 

 

 

 

 

アラサー(切り捨ての方)

 

独身(ガーン)

 

英語できないOL(元人事部)

 

 

384A0653-8D1D-4E50-9A87-9EE04E4E295F

OL時の謎のポーズ

 

 

 

 

 

で、なして急にトロント行った?

 

 

 

 

 

一つ言えるのは

 

 

 

 

 

わたしはわりと自分の好きなことがはっきりしている。

 

 

 

 

 

だから、どこ行っても楽しめるぜ!!

 

 

 

 

 

と、よくわからない自信があった。

 

 

 

 

 

(まあ思いっきりダウナー期ハマったけどね)

 

 

———

 

 

 

どこにいても自分で自分の楽しませ方を知ってる人は強い。

 

 

 

 

海外生活を楽しむには

このスキルはかなり重要だと思う。

 

 

 

 

 

自分は何が好きなのかを知ってるということ。

 

 

 

わたしでいうところの

ヨガとかダンスとか音楽とかネコとか

そういうやつ。

 

 

 

 

 

わたしの場合

“ヨガインストラクター”のおかげで幾度となく助けられた。

 

 

 

 

話題がそこから広がる。

 

 

チャレンジしたい目標が見つかりやすい。

 

 

メリットだらけだった。

 

 

 

 

 

 

本当、ヨガを好きになった自分

結果先生になってしまった変たぃ(自重)の自分

ありがとう。

 

 

 

 

 

 

なんか、この話題書いた気がすると思ったら

 

 

 

にちょろっと書いてた。

 

 

 

 

 

 

“このことだったら息継ぎなしで1時間喋れるよ!(迷惑)

みたいなことを一つ持っておくと

絶対に役に立つと思います。”

 

 

 

 

 

うん。

 

本当にそう。

 

住めば住むほど、その思いが強くなった。

 

 

 

———

 

 

好きって別に

 

 

最初はプロとか先生とか

 

 

そんなレベルでなくていいと思う。

 

 

 

 

わたしはたまたま

 

 

 

 

ヨガが好きすぎてトレーニング受けてしまった変たi(オブラート)だっただけだ。

 

 

 

 

本当にちょっとしたことでいいと思う。

 

 

 

絵が好き

 

ごはんが好き

 

サイクリングが好き

 

野菜が好き

 

カフェが好き

 

旅が好き

 

 

 

 

本当に、そんなことでいいと思う。

 

 

 

 

絵が好きなら、トロント中のミュージアム周りまくって記録とったり、ギャラリーの人に話しかけてみたり。

 

 

 

 

 

ごはんが好きなら、例えばジャンル決めてそこのレストラン徹底的に行きまくって記録つけてもいいし。

 

 

 

 

やりようはいくらでもある。

 

 

 

 

 

——-

 

 

 

 

日本人はやはりオタク気質なのだなと思う。

 

 

 

 

モノゴトの追求の仕方が明らかにほかの国人達のソレとは違う。

 

 

 

 

日本の社会にいた時は

 

 

 

わたしの上の上の上の人達がたくさんいたから

わたしはオタクじゃないなって思ってたけど

わたし全然オタクだった笑

 

 

 

 

 

なんだろ、遺伝子レベル?

 

 

 

———

 

 

 

住む国が変われば

 

もちろんたくさん変わることはある。

 

 

 

 

 

だけど

 

結局のところ根本は何にもかわってなくて。

 

 

ただ、しゃべる言葉が違うだけで

 

 

 

 

女子トークの内容も

くだらないおしゃべりも

彼氏彼女のあれこれも

敬意のはらいかたも

怒り方も

悲しみ方も

喜び方も

89D8E2DE-A0EE-424F-BE43-2C1EE800E9C2

オシャレしようとしてみたりね

 

 

 

 

内容は一切変わらない。

 

 

だからなおさら

 

 

 

 

自分で楽しもうとしないとどこに行っても楽しくないんだと思う。

 

 

 

どこか環境を変えれば

 

 

 

何か変わるのかもしれない、は

 

 

 

完全に幻想だって確信した。

 

 

 

 

 

環境は何にも変えてくれない。

 

 

 

 

 

 

 

トロントに来て

 

何か人生が変わった人達は

 

それに自分で気付いて

 

試行錯誤した人達だった。

 

 

 

 

 

 

結局、自分の力で変わってた。

 

 

 

留学は、ただそのきっかけをくれるに過ぎない。

 

 

 

 

 

 

 

どこにいっても、結局は自分次第だった。

 

 

 

——-

 

トロントにきて

 

 

 

 

本当に色々なものが削ぎ落とされてる感じがします。

 

 

 

 

ただ変tai(もうやめようぜ)感はむしろ増してる気が…苦

 

 

 

 

 

今、もし

 

 

自分には何にもないって思ってる人がいたら。

 

 

 

 

絶対そんなことないって、わたしは思います。

 

 

 

だって

 

 

 

寝ることが好き

とか

 

 

ぼーっとするのが好き

とか

 

 

 

 

 

絶対に、何かあるはずなんです。

 

 

そこからで全然いいと思うんです。

 

 

 

それを徹底的に好きになって楽しめば、それが自分の強みになる。

 

 

 

Hentai(原型よ)になる必要は無いと思うけど

(誰もなりたいとは思ってないかな)

 

 

 

 

なんか、もっと、色々楽しんでいいと思うんです。

 

 

 

746F28D9-9262-4D47-B7E0-D057D079FB4C

 

何にも参考にならないかもですが…

 

 

 

 

好き、を、もっとみんなで楽しんでいけたら。

 

 

 

 

そんな、わたしのつぶやきでした。

 

 

 

——-

 

 

 

余談。

 

 

 

 

トロントのクラフトビールが美味しすぎて、今更クラフトビールについてガツガツ調べ始めてます。

BB026361-FCB6-4B2B-ACC6-BABB627D9C08
いいだろ
 

 

 

 

なぜもっと早くから調べなかったマリエンヌーーーー!!!

 

 

 

 

 

 

一年以上経ってしまったじょ…

 

 

 

 

 

 

酔いどれヨギーニ(健康 × 不健康)。

 

 

 

新ジャンル誕生。

 

 

 

 

 

 

もはや、自分がどこに向かってるかとか気にならなくなってきました。

 

 

強くなったな、マリエンヌ!(別の方向で)