続・くだらない話

img_2909

写真と内容はまったく関係ありません(なぜ載せた)

 

 

 

 

 

初期にこんなブログ書いてました。

 

 

続なんて書いてみたけど前回とは特に関係ないです。
中身ないので覚悟してください(笑)

 

 

 

 

 

——

 

 

一見すると「くだらない」と思われるようなことに、全力を注ぐ。

そういう人、コトを見るのが大好きです。

 

 

 

一般的に見て、「生産性がない」といわれるようなことなのに

あえてそこを突き詰めていく勇気。

 

 

 

まじすごい。

 

こういうのとか大好物だよね。

面白いギネス記録一覧

 

 

便座割ってどうするんだろ(きっとそこはつっこんじゃいけないところ)

 

 

——

 

 

「本気」のくだらなさは、人の気持ちを動かすと思う。

 

 

 

この前の妄想力にも関わってくるような気もするんだけど、くだらないことを突き詰めるって、「常識」をぶち壊すみたいなところがある。

 

 

 

一般的にみて「中身がない」「くだらない」と言われてることにあえてフォーカスして、いままで考えたこともなかった境地にいっちゃう、みたいな。

 

 

 

 

 

本当にくだらないことをしてるだけなんだけど

見え隠れするのはその人の本気(と書いてマジってやつ(古))。

マジ度ってやつ(初めて聞いたよその言葉)。

本気って、人の気持ちを動かす。

まじで。

 

 

 

 

 

 

いっこ思うのが。

 

 

 

 

 

 

 

わたしきっと、神様ってそういうところ(マジ度)見てるんじゃなかろうかって思うんです。

 

 

 

 

 

本気だすんだったら、なんだって叶えてやるよ、みたいな。

 

 

 

 

 

 

便座くらいいくらでも割らせてやるよ、みたいな。

 

 

 

 

 

 

 

(…いや、神様、わたしは別に便座割らなくていいんで)

(……いやいや、遠慮とかじゃなくてホント修理費とかかかるし)

(………いやまじで、うち賃貸だからそういうのホント無理なんで、ちょっとまっ…)

 

 

 

 

 

話をもどしますね。

 

 

 

 

世界レベルのアスリートの人は言うまでもなく本気。

さっきのおもしろギネスの人達も、本気。

本気だしたから、「無理だろう」って思えることもできちゃうんだろうな。

 

 

 

 

「本気のくだらない」も、めっちゃ大変。

一歩間違えると命にかかわるから。

(本気の身体はる芸人さん達は本当に尊敬レベルです)

 

 

 

 

ちゃんと神様も見ててくれてるんだと思うんです。

ジャンルが違えど、本気は一緒。

本気って、人の気持ちも、神様をも動かす、とわたしは信じてます。

 

 

 

 

 

いいなあ。くだらない妄想ならいくらでもできるのに。

もう一歩先に進めるようにがんばろ。

 

 

 

 

 

 

 

最後に。

こういう(エネルギーの注ぎどころそこかよっていう)本気、大好き。

ストップ!恋愛 ゼッタイダメ(クオリティの高さよ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すとっぷれんあい♪ぜったいだめ♪

お粗末様でした。


妄想力。

妄想力。

 

 

 

 

 

空想というか、妄想が大好きです。

 

 

 

 

 

 

突拍子のないこと

 

魔法みたいなこと

 

こうなったら絶対楽しいだろうなあと思うこと

 

 

 

 

ずっと妄想しています。

 

(こう書くと本当に怪しい人みたいだ)

 

 

 

 

 

乗ってくると

 

かなりリアルなレベルまで妄想します。

 

ニヤニヤしながら。

 

 

 

 

 

通勤途中、ニヤニヤ。

 

電車の中、ニヤニヤニヤニヤ。

 

眠りに落ちる寸前、…ゲヘッ。

 

 

(なんかゴメンなさい)

 

 

 

 

 

 

 

 

9月はわたしにとって、この妄想力の大切さとすごさを見せつけられた時でした。

 

 

 

 

—–

 

 

9/19のminakumariさんとのコラボWS。

 

 

 

minakumariさんの音楽の世界観の中でできたレッスン。

 

 

 

 

 

アート、と呼んでしまうと余りにも軽すぎるけど

 

 

 

 

 

自分の好きなものをどうにかくっつけてどこか異世界にいったような感覚になれるしたいなーの妄想が叶いました。

 

 

 

 

音楽とヨガ。

やればできる。

 

 

 

 

萌さん本当にありがとう。

ミナさん本当にまたやりたいです|ω・´) (ずうずうしくも)

 

img_7997

チャイ作りは本当に個性出る

 

——

9/22の地元沼垂テラスでの自然のレッスン

 

img_8099沼垂に新たにできるゲストハウスの、貴重な建設途中の建物の中で。

 

 

 

img_8100

ルネサンスごはん。じゅるり。

 

 

 

 

実はね

 

 

ヒエトリヨギーニの活動をするかなり前から

 

 

地元に対して何か還元できることをしたいと密かにずっと妄想してたんです。

 

 

 

それがまたしてもレッスンという形で一歩踏み出すことができました。

 

 

 

だから、このレッスンに対する思いは本当に強くて…

 

 

 

次のステップに繋がるイメージが持てました。

 

 

 

 

未来へ向けていろいろな繋がりも作ることができました。

 

 

 

第一歩の、記念すべき日。

 

 

親友ちゃん

ホシノコーヒーさん

ヒナタノ食堂さん

沼垂ゲストハウスさん(ゲストハウス名、”なり”に決まったそうです✨)

参加者の皆さん

 

 

 

本当にありがとうございました(꒦ິ⌑꒦ີ)

 

 

——

 

引き寄せ、と言えばそうなのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

でも引き寄せと言ってしまうとなんだか仰々しい感じがしたので、わたしは敢えて妄想力と呼んでみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こっちの方が軽くて楽しそうじゃない?笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうでもない?笑

 

 

 

 

 

 

 

 

そっか…笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ま、それはさておき(?)

 

 

 

 

 

 

今回の出来事で

 

ワクワク(たまにニヤニヤ)すること

 

すなわち(`・ω・´) キリッ✨

 

妄想力!!

 

を発揮すると、本当に生きるのが楽しくなるんじゃないかって。

 

 

 

 

 

 

 

(((o(*゚▽゚*)o)))♡←ワクワクエネルギー

 

 

を振りまいてたらなんか夢叶った

 

 

 

 

 

 

 

 

みたいな。(軽いなおい)

 

 

 

 

 

 

 

(((o(*゚▽゚*)o)))♡

 

 

 

大事。

 

 

 

 

 

 

ほんと、ただそれだけのことをいいたいがために今日ブログ書いてます。笑

 

——

 

 

ヨギーニの妄想、まだまだ止まりません。

 

 

 

 

やりたいこと

見たい場所

 

 

 

 

まだまだ広がるし

 

 

 

 

 

一つ叶うとまたそこから広がるから若干収拾つかない感じにもなってますが…

 

 

 

 

みんなと妄想の話したいな。

 

 

 

 

みんなの素敵な妄想が、たくさん叶いますように✨

 


感謝しかない。

最近、感謝が溢れて止まらない。

 

 

 

——

 

わたしは周りの人たちに本当に恵まれている。

 

 

 

すんごいちっちゃいときからずーーーーーーーっと変わらず感じていること。

 

 

 

 

こんなちっぽけで何にもできないわたしに、みんな本当によくしてくれる。

 

 

 

これ書いてる今の段階で泣きそうになる。

 

 

おめでたい性格なのかもしれない。

 

 

 

でも、本当に不思議なくらい、みんな応援してくれる。

 

 

 

突拍子のないこといっても、目も当てられないほど落ち込んでいても、みんな手を伸ばして助けてくれる。

 

 

 

ほんと、泣きそうになる。

 

 

——

ヒエトリヨギーニ、なんて名前でヨガレッスンをし始めてから、色んな人が色んなお誘いをしてくれる。

 

 

 

こんなちっぽけで何にもできないわたしに、受け取ってあまりあるくらい素敵なお誘い。

 

 

 

周りの人の優しさを、なおのこと強く感じる。

 

 

 

これでまたさらに、泣きそうになる。

 

 

 

——

 

とある講座で

 

 

 

 

 

「人は、誰かから優しさを受け取るから、その受け取った優しさを、別の誰かに渡すことができる」

 

 

みたいなことを聞いた。

 

 

 

 

 

循環する、ってことかな、とわたしは思った。

 

 

——

image

わたしは自分の全身全霊で

 

このもらった優しさを返したいと思う。

 

 

 

 

 

直接もらった人たちに。

 

 

 

これから出会うであろう人たちに。

 

 

 

その人たちがまた、別の誰かに優しくできるように。

 

 

 

そのために

たくさん経験したい

たくさん勉強したい

まだまだ、わたしは未熟過ぎる。

 

 

 

—–

わたしの周りの人は

みんなわたしにとって憧れの人たち。

 

 

 

 

 

身内の人も

長い友達も

異性の友達も

最近知り合った人も

たくさん怒ってくれる人も

すごいすごい先生達も

みんな憧れの人。

 

 

 

 

わたしも、こんな風になりたい。

みんなに追いつけるようになりたい。

感謝しかない。

 

——

まだまだがんばります。

わたしも、優しさの循環に、加われるように。

 


ゆるむことが怖い?

 

 

レッスンで、「ゆるむお手伝いします♪」

なんて言ってるのにゆるむことが怖いなんて内容を書くなんて。

どきどき。

でも書いちゃいます。

 

 

 

——

 

 

長い付き合いの友人はみな

「本当に生きづらそうだね(笑)」

と口をそろえて心配(?)してくれるのですが

 

 

 

 

持って生まれた性格なのか

全てのことにおいて全力投球し

全身にぐっと余計な力をこめて色んなことをしようとする傾向があるため

文字通り「ゆるむなんて怖い!」と思っておりました。

 

 

 

 

ゆるんだら、どうやって自分を守ったらいいかわかんない。

ゆるんだら、いままで保っていたものが全部崩れそう。

 

 

 

 

 

だから、ゆるむなんて怖い!と思っている自分がおりました。

 

 

 

 

 

今はどうか?と言われると

 

 

 

三つ子の魂百までも

そう簡単に昔の癖を直すことはやはり難しいので

胸を張って「ゆるみましたるんるん♪」なんてことは口が裂けてもいえないのですが

 

 

 

 

ゆるむっていいことなのかも…?

と、自分で実感できるくらいにはなってきました。

 

 

 

 

 

ちなみに

お、わたし少しゆるんだな、と感じる瞬間はですね、

 

 

 

視野が広がった

 

 

 

というか

 

 

 

あ、そっかそういう考え方もできるね

 

 

 

 

って、視点が変わったときですね。

 

 

 

 

 

とあるモノゴトに対して

こうでなきゃいけない!

って思ってたけど

あれ?意外とこっちでもよくない?

てかこっちのほうがやりやすくない?

みたいな。

 

 

 

 

 

 

 

怖さでいうともう一つ、

ゆるむと何にもできなくなっちゃうんじゃないか

っていう気持ちもあったんです。

 

 

 

 

 

だるだるヨギーニ。

 

 

 

 

 

image

あーもーちょーだりー

※画像はイメージです。いつぞやに撮ったレッサーパンダ?(知らんがな)

 

 

 

なぜか

ゆるむ≒無気力

みたいなイメージがありました。

 

 

 

それも違うんだなっていうことがやっと最近わかってきました。

 

 

 

ゆるむと、むしろ行動の幅が広がる。

たぶん視点が広がるから。

 

——

 

 

ゆるむことについて

わたしなりにもう少し説明したいのですが至難の業で(笑)

でも書いてみます。

 

 

 

 

あ、以下の文章もあくまでもわたしの主観です。

間違ってるかもしれやせん。

 

 

 

 

 

自分の中に揺ぎ無い芯があって

でも、そのまわりがあまりにもガチガチだと余計な力が入って、疲れなくていいところで疲れる。

だから、芯以外の部分をゆるめてぷるぷるのふわふわにすることで

いい感じに力を抜きつつやりたいことがやれる

 

 

 

 

のが、わたしの中のゆるむイメージ。

 

 

 

 

 

 

 

自分の中の芯ありき。

 

 

 

 

ブレブレだったり

だるだるになることは

ゆるむとはちょっと違うのかな?と思います。

 

 

 

 

何か想定外のことが起きて予定が狂っても

ほどよく「まいっか(笑)」

って言えて

でも見据えてるゴールは変わらない

みたいな?(余計わかりづらいっすね)

 

 

 

 

 

今は、そんな風に思ってます。

もしかしたら、数年後に見返すと見方が変わってるかもしれないけど…

 

——

 

あいかわらず何が言いたいかわからなくなってきましたが

 

やはり、ガチガチは生きづらいです(笑)

 

ま、それもわたしだ!と言ってしまえばそれまでなんだけど

 

いやいや、ゆるもう!を掲げてレッスンしてるし!(笑)

 

もうちょっとゆるんで生きてみたいと思ったのでわたしも日々精進です。

 

でも、本当にゆるむことって、これから先とっても重要なことだと思うんです。

 

そういえば、だからがんばってあれやこれや勉強したんだった!!(笑)

 

 

 

 

 

 

本当に、お手伝い程度のことしかできないけど、

それでもレッスンにきてくれたり、わたしに会いに来てくれる神様みたいな人が一人でもいる限り、

ゆるめるお手伝いしていきたいです。

 

 

 

 

 

 

ゆるむのは、怖くない。

きっと、大丈夫。


物をすぐ失くす、という話

悲しきかな。
 

 

 

 

 

タイトルまんまのお話です。

 

 
——

 
わたしと良く遊んだりする人は目にしていると思いますが

 

 

 

 

 
わたしのカバンにはよく物がぶら下がっています。
 

 

 

 

 

 

*かわいいマスコット

 

 

 

 

 

 

とかそういう女子力的なものでは一切なくて

 

 

 

 

 

 

 

・Suica
・ペットボトル
・iPod touch

 

 
あたりがデフォルトですね。
実用的軍団。

 

 

 

 

 

 

 

もうほんと、

 

 

 

 

 

カラビナ大好き人間といっても過言ではないです(嘘)

image

カラビナ軍団の一部

 

 

 

 

 

 

 

もとい、

 

 

 

 

 

 

 

理由は単純、すぐ失くすからです。

 

 

 

 
物によっては一日で失くします。

 

 

 

 

 

その日に買ってきたボールペン
さっきまで手にもっていたはずのはさみ
たしかそこに置いたはずのピアス

 

 

 

 

 

数知れません。

 

 

 

 

 

 

 

たぶん、わたしのまわりにはブラックホールがあると思うんです(大真面目)

 

 

 

で、

 

 

 
いやいや、ぶら下げる前にかばんにいれればいいじゃん

 

 

 

 

 

って、そんな単純な話でなくて(前のめり)

 

 

 

 

 

かばんに物理的にくっつけてないとダメなんです(机をドンとたたきながら)

 

 

 

 

 

 

 
失くさずに持ち運べる、

取り出しやすい、

 

 

 

を兼ね備えたのが

このかばんぶら下げ法なのです(見た目無視)

 

 

 

 

 

 

 
・かさ

 

 

も、すぐ失くすグッツですね。
電車のちょっとしたところに引っ掛けてしまったらもうアウトです。
デパートのお忘れ物預かりセンターにも幾度となくお世話になっております。

 

 

 

 

 

・ぼうし

 

 

 

も、本当によく失くすんです。
しかも電車で。
座って、一息ついて、ぼうしを取って、ひざの上においたらもう…
失くしすぎて、前の携帯にはJRのお問合せセンターの電話番号はしっかり登録していました。

 

 

 

 

 

 

 

この前(つい先日)は盛大に、ヨガのレッスンノートを失くしました。

 

 

 

 

 
そこそこ大きいものをなぜ失くすのか?!という疑問もさることながら

 

 

 

 

 

 

さらに悪いことに

 

 

 

 

 

 

なぜか数日間気がつかなかったんです。

 

 

 

 

 

自分にドン引きです。

 

 

 

 

 

 

(結局、ノートは預かってくれてた方がいて無事に手元に戻ってきたんですが)

 

 

 

 

 
やっぱり、ブラックホールがあるとしか思えません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はい。
わかってます。

 

 

 

 

 

 

ただの不注意です(身もふたもない)

 

 
——

 

 

 

 

よく、モノを手放すと新しいものが入ってくるという。

 

 

 

 

 
逆をいうと、持ちすぎていると受け取れないっていうことだとも思う。

 

 

 

 

 

 

確かにその通りだなあと。

 

 

 

 

で、それって物理的なモノだけじゃなくて、知識、とか、予定、とか、そういう目に見えにくいものにもいえるよなあって思っていて。

 

 

 

 

 

 

基本的によく物を失くす性格だということを脇に置いておいても

 

 

 

 

立て続けに失くすときって、たいてい自分のキャパ以上のことをしてるとき。動き過ぎてるとき。

 

 

 

 

 

 
なんかこう

 

 

 

 
両手いっぱいに色んなもの抱えていて
さらにまだまだ持ちたいって思ってて

 

 

 

 

でもやっぱりそれは難しくて
色んなことぼろんぼろん落として

 

 

 

 
そこで初めて気づく。

 

 

 

 

 

 

わたし、手2本しかないんじゃん。

 

 

 

 

 
失くすってのは、そんなに欲張りなさんなっていう合図だろうか。
ちゃんと自分の手の本数、数えてみなさいなっていう合図だろうか。

 

 

 

 
こうなってからやっと
自分、色々詰め込みすぎだって反省をして、色々予定を立て直す。

 

 

 

 

 

 

もっと早く気づけばいいんだけど、なかなか気づかないわたしに、きっと神さまがわかりやすいサインを出してるに違いない。

 

 

 

 

 

そういうことにしておく。

 

 

——

 

 

なあんて書いてみましたが

 

 

 

 
やっぱり失くさないように日々注意深く過ごすのが一番ですよね。

 

 

 

 

 

ああ、頑張ろう!

 

 

 

 

 

 

そう思ってましたが

 

 

 

 
今日さっそく会社で指サック(あの、書類べろべろめくりやすくするやつ)を一つ紛失し、気づかれないようにしばらく探し回っていたのは内緒です。

 

 

 

 
ああ、頑張ろう!!涙